求人の見つけ方を工夫する事で希望する仕事をつかみ取ろう、積極的に自分からアクションを起こそう

常勤医と変わらない医師アルバイト

病気や怪我、健診のために患者として病院を訪れても、常勤医とアルバイト医師との違いは見た目では分かりません。患者は、医師の先生として接します。治療に全力で対応してくれると信じています。

しかしながら、医師には常勤医、アルバイト医師がいます。常勤医の勤務が激化し、労働環境の改善を図ろうと医師アルバイトも増加しています。求人は、インターネットでも検索することができます。常勤医より時間的にフレキシブルに勤務できることが多く、給料は時給で計算されます。勤務条件に違いはあれ、常勤医と同じ業務を担う心構えが必要です。

人気の医師アルバイトにおける理由とは

医師アルバイトに特化した募集には、研修医だけではなく経験を積んだ医師も比較的多いものです。もちろん今以上の収入が見込めますが、それ以上の経験を積める絶好の場でもあるようです。

また、アルバイトを希望する医師には、結婚しブランクの少し空いた女性医師も多く活躍しています。週に数日、時間内で終われるため、家庭との両立も可能ですし、ブランクの空いた時間を少しずつ取り戻せるため、働きやすい環境となっています。勤務時間が短いため、健康保険や社会保険などつきませんが、時間を制約されないという意味では申し分ないでしょう。

医師アルバイトは高時給です

イベントなどを開催する場合は、医師が待機しておかないといけません。何かあった時にすぐに対応するためです。しかしながら、医師免許を持っている方は少ないので、現役の医師にバイトとして、イベントに来てもらうことを、医師アルバイトと言います。

普段は、大学病院や町医者で働いている先生を、時給で来てもらうので、単価はとても高く設定されています。他にも、大学病院の先生が、週に何度か地方の病院に出向き、診察を行うことも医師アルバイトと言います。アルバイトはいろいろな形があり、多くの医師がアルバイトもしながら生活をしています。

医師アルバイトと開業医

医師アルバイトは、医師が休日を利用して、自身が通常勤務する病院とは別の医療機関に臨時医師として勤務して、時給や日給をもらう業務形態のことです。

病院勤務のいわゆるサラリーマン医師は給料制のため、一か所の病院でだけ働いていては一定以上の収入を得ることが難しいです。そこで、収入を増やすために土日や夜間を使ってアルバイト的に稼ぐ人も多く、そのような雇用形態で働くことを医師アルバイトと呼んでいます。

大学病院などの勤務医に多い反面、自分の病院を持つ開業医に少ないのが特徴です。開業医になると、医師アルバイトをする必要がないくらいの収入が安定的に得られるということなのでしょう。

医師アルバイトの平均報酬について

近年では常勤の医師の他に、アルバイト医師による非常勤の働き方も増加傾向にあります。

医師によるアルバイトの報酬は病院や科によって異なってきますが、平均時給一万円とされていて、一日働けば八万円が保証される場所も多くあります。通常のバイトから考えると高額となりますが、人命を預かり病院や、常勤医師の負担を軽くする大切な役割を担っていますので、其れ相当の報酬とも言えます。

医師アルバイトはおおやけに認められていますが、医師の派遣業は法律で禁止されています。派遣業が禁止されているのは、こんにちの日本がチーム医療を重視しているからです。チーム医療を育てていく上でアルバイト医師は必要不可欠な存在とも言えます。

常勤から医師アルバイトへはじめての転職

常勤から医師アルバイトへ変更する理由は医師それぞれの価値観によるものです。超過勤務から抜けだしたい医師もいれば、開業せずフリーランス医師として全国で活躍している医師もいます。

ちょっと名前の知れた技術の高いフリーランス医師であれば、エージェント会社を通さずとも直接仕事の依頼が入るケースもあるようです。病院内の人間関係といった煩わしさもありませんし、高所得が狙えるため研修医から志している医師もいます。

ですが、フリーであれば税金対策はもちろん、怪我や病気で仕事につけなければ完全無収入となります。不利な点もよく考慮した上で検討するべきでしょう。

医師求人関連の記事