求人の見つけ方を工夫する事で希望する仕事をつかみ取ろう、積極的に自分からアクションを起こそう

精神科の医師転職

医師転職をする時に、人気のある診療科と敬遠される診療科があります。それは労働環境の過酷さや、訴訟リスクの高さ、医療技術などの理由があるようです。

特に産婦人科や小児科は常に患者さんから呼び出されることがあり、常に緊張感があります。

時間外労働が少ない歯科医師や美容整形、精神科の医師への転職は人気が高いようです。

今後、日本の欧米化や競争社会の激化が進むことによってより精神科の医師転職需要は増すと予想されています。

同じ科でも労働環境が病院によって違いますので一概には言えませんが、大学病院や規模が大きい病院は、どの診療科も労働環境は過酷なようです。

リハビリテーションを専門とする医師転職

リハビリテーションを専門とする医師の働き方については、数々の求人媒体で紹介が行われることがあり、理想的な職場を見つけるために、早期に転職活動を始めることがおすすめです。

医師転職のポイントを把握するためには、高度なテクニックが必要となることがありますが、複数の医療機関の実績の良しあしをきちんと理解することが良いでしょう。

医師転職の成功率の高さに関しては、人それぞれの経験値に大きく左右されることがあるため、常日ごろから便利な情報をキャッチすることはもちろん、体験談に目を通しておくことが大事です。

医師転職と経験者の活動

経験豊かなスタッフの募集が行われている医療機関は、各地域の都市部を中心に増え続けています。特に、医師転職のコツをつかみたい場合には、複数の情報源を積極的に参考にすることにより、短期間のうちに必要な知識を身に着けることが望ましいといえます。

一般的に、医師転職のメリットやデメリットに関しては、在職者でなければ分からないことが多くあります。そこで、まずは定期的に就職説明会などのチャンスを利用することによって、担当者からアドバイスを受けることができるため、じっくりと転職先の特徴を見極めることがおすすめです。

リハビリテーション科の医師求人について

近年、病院などにおけるリハビリテーション科の新設が急速に拡大しており、専門療法士や医師求人の需要が高まっています。

この背景には、高齢社会における医療問題の一つとして、平均寿命の増加に伴う新たな疾病・障害が発生していることが問題となっています。

従来の医療では治療できなかった疾病・障害が新しい治療方法の発見により治療可能となるケースは決して珍しいことではありません。特に、最近発見されたiPS細胞は今後の医療において目覚しい発展になることは確実です。

したがって、回復に伴う社会復帰の支援が必要な人口の割合が今後増加することは確実であるため、リハビリテーション科の医師求人の需要が高まっているのです。

医師転職活動とエージェントについて

医師は普段激務ですので、その合間をぬって医師転職活動をするのは、非常に困難を極めることがわかります。

医師転職を成功させるには、いくつかのポイントがあります。実績や歴史のあるエージェント、コンサルタントをみつけることです。ホームページがあるようでしたら、求人数の数ができる限り多いところにお願いした方がいいでしょう。また、その機関が厚生労働大臣に認可されているかどうかも、大切なポイントとなってきます。

細かな違いではありますが、医師転職先である病院は今後自身が働く場所になりますので、しっかりと見極めることが大事です。

医師転職は産業医が一つの選択肢

日本政府が音頭を取って、「働き方改革」が叫ばれています。日本人は働きすぎで、休みを取らないことが世界的に知られており、「ワーク・ライフ・バランス」が長年議論されながら、なかなか浸透しない状況にあります。一定規模以上の企業であれば産業医を常駐させているところが多く、医師転職先としても注目されています。

大企業には、うつ病や自律神経失調症に苦しんで休職している従業員がおり、その人たちは1カ月に一度は産業医と会うことが求められています。社会が多様化を増す中で、複雑な人間関係などで苦しむ人が増えており、企業内の医師需要はさらに増えていくことが予想されています。

医師求人関連の記事