求人の見つけ方を工夫する事で希望する仕事をつかみ取ろう、積極的に自分からアクションを起こそう

医師アルバイトが人気の訳

常勤医として働く傍ら、かけもちで医師アルバイトをしているお医者さんは決して少なくありませんし、病院側も週に1回程度であれば許可している所の方が多いくらいです。

一体なぜ医師アルバイトは人気なのでしょうか。それは「医師」という特殊な職業であることが大きく関わってきます。人の命を助けることを第一とするこの職場では幅広い知識を得て、より質の高い治療を提供することがとても大切です。

そのためにも様々な医師に来てもらうと病院としても助かりますし、医師アルバイトをする先生側としても普段診るようなことがないような患者さんに触れ合うことでより成長することができます。

医師アルバイトとは一体?

医師アルバイトという言葉を聞いたことがありますか?医師には常に同じ病院で、決められた時間に働く常勤医と呼ばれる医師と、曜日ごと、日付ごとに違う病院で働く非常勤医という大きくわけると2種類います。医師アルバイトは後者の非常勤医にあたるもので、よく見かけるのは、日ごろは常勤医としてある病院で働いていて、週に1回だけ違う病院へ非常勤医として働くというスタイルです。

病院ではバイトが通常の勤務に支障が出ないようだったら許可している所が多く、最近では医師アルバイトを中心としている医師もいるようです。そのスタイルはドロップアウトと呼ばれています。

医師アルバイトが増加している分野

高齢化社会が日本だけでなく、様々な国で広がっています。日本では、医療費の削減を目指して在宅医療へシフトする方向にあります。これにより、家庭医の存在がクローズアップされています。家庭医は専門の分野だけにとどまらず、一般的な医療の知識も持ち合わせていなければなりません。高齢者が患者に多くなれば、往診がメインとなり夜間も対応しなければならない場合もあります。勤務が不規則になることから、この分野でも医師アルバイトの求人が見られます。

患者だけでなくその家族、介護分野のスタッフとの連携も重要です。医師アルバイトはコミュニケーション力、医師である前に一人の人間としての人間力が求められます。

多様化する求人と医師アルバイトやスポットバイト

通年を通して人員不足が叫ばれている医療現場ですが、一つの働き方として認められているのが医師アルバイトとしての働き方です。

主流は常勤である医師になりますが、働き方が多様化される現代の中で医療現場も他の業種と同様で、医師アルバイトやスポットバイトが、医師用求人サイトでも多く見受けられるようになりました。中にはフリーランス医師も出現するようになり、優秀な医師の求人が引く手あまたとなっています。

簡単なことではありませんが、需要を考えることで働き方をカスタムできる時代が到来しています。医師としての本質を失わずに能力アップをしていけば、医師のアルバイトとしての需要もついてくるはずです。

地方の病院での診察の医師アルバイト

医師アルバイトは、多くの人が行っています。大学病院の先生が、地方の病院に週に何度か出向いて、診察を行うことがありますが、これもアルバイトです。

本職は、大学病院での診察ですが、休みの日に、地方の病院に出向き、診察をしているので、バイトとなります。他にも、イベントなどに参加している医師も、アルバイトです。普段は病院で働いていますが、イベントの時にだけ、参加しているのでアルバイトとなります。

他にもいろいろな医師アルバイトが存在しており、医師免許を持っているので、時給もとても高額で、とても良い稼ぎになっています。

医師アルバイトを簡単に探すために

医師アルバイトを専門的に取り扱う求人サイトの存在は、年々増加傾向にあります。大手の人材派遣会社などによって運営されており、ジャンルを問わない様々な医療施設からの募集内容が掲載されています。

学生やパートの方、また現役の医師として働く方にとって利便性の高い内容になっており、希望する勤務時間や勤務内容、診療科目、あらゆる項目の中から自分の希望に合わせながら調べ出すことが可能です。また、情報が掲載されている医療施設自体の情報も探し出せるため、新しい仕事先となる場所の環境や設備についても確認することができます。

医師求人関連の記事