求人の見つけ方を工夫する事で希望する仕事をつかみ取ろう、積極的に自分からアクションを起こそう

比較して選ぶ医師転職サイト

医師転職サイトは比較して選ぶとよいです。

医師転職サイト・求人サイトなどの人気ランキングや比較サイトなどがありますので、そちらを参考にして自分にとって便利な医師転職サイトを選んで利用するとよいです。

医師転職サイトには、それぞれ特長があります。人があって実績のあるサイトの中から、希望する働き方や職場に強いところを選んで登録してみるとよいです。

求職者は無料で利用することができます。求人が出てくるタイミングもありますし、相性もありますので、できれば複数のサイトへ登録して比較しながら利用してみるとよいです。

約半数の医師が医師転職の経験あり

医師限定の会員制サイトがアンケート調査して3141人の有効回答を分析したところ、約半数の医師が医師転職の経験あり、でした。最多は1回で28%、次いで2回の11%、2回が6%、4回以上が6%、常勤したことはないという医師も1%いました。これらを合計すると52%が医師転職の経験ありです。医局からの人事で勤務先変更や長期・短期出向は含んでいません。

転職したことがないという人の中には、医局から関連病院への出向を言われたので、転職までは考えなかったというケースや、関連病院の外来診療で週に2回ほど大学病院を抜けられるのでそれが気分転換になっている、というケースもあるようです。関連病院では他のスタッフに大事に扱ってもらえるという声や、大学病院では下っ端でも関連病院では上の方という声が多いです。そのためか、大学病院で研鑚を積んで助教くらいになったら関連病院へ転職、というケースも見られます。

数百万円以上の医師転職の求人

数百万円以上の年収が設定されている医療機関の魅力については、様々な媒体で取り上げられることが増えています。特に、医師転職に関する悩みを解消したい場合には、ある程度の時間がかかることがありますが、色々なタイプの治療が行われている医療機関のメリットやデメリットを比較することが良いでしょう。

医師転職の取り組み方について知りたいことがあるときには、成功者の体験談に目を通しておくことがコツとして挙げられます。

他にも年収の高い医師求人を比較してみたり、医師転職をするための準備や流れを知っておくことで、何時でも落ち着いて行動をすることができます。

影響力のある人ににらまれると医師転職は難しい?

紹介などを頼って医師転職を行うときには、影響力のある人ににらまれると転職が難しいということになってしまいますが、専門のサービスを利用するとビジネスライクに仕事探しを行うことができます。

条件が合う自分にとって満足のいく職場は、知人の紹介などを辿っていくとかえって見つけにくくなります。医師転職を専門に扱う求人サイトやエージェントを利用することで、幅広い選択肢から選ぶことができますし、サポートも受けることができます。キャリア相談や面接指導、職場の詳しい環境の紹介、条件の交渉など様々なことをサポートしてくれますから安心です。

医師転職におけるエージェントの戦略とは

医師転職をしたいと思った際に、すぐ行動したい衝動に駆られますが、医療現場においても他の業種と同様でまず、自分の立ち位置を確認することです。

自分自身が医師転職において有利な技術と、経験を持っているのかどうかを知る必要があります。

それを知るうえでも医療エージェントや、コンサルタントに相談してみることは、非常に有効な手段と言えます。彼らのノウハウや戦略を知るうえでも、医師転職を現在していいのか、ダメなのかを知るきっかけになるかと思います。それをしっかりと理解したうえで、転職活動を行うことが重要になります。

医師転職で公衆衛生医師を目指すには

医師転職には、公衆衛生医師となって保健所や都道府県の保健福祉部局で働く方法もあります。保健所長になるには医師免許が必要で、多くの所長経験者はかつて医療機関での勤務経験があり、後に公務員に転職しています。

公衆衛生医師は感染症や母子保健、生活習慣病やがんの予防、食品や環境に関する生活衛生指導などを担っています。地域の医療、介護、福祉関係機関と連携しながら疾病の予防、健康寿命の延伸などに努めます。仕事の内容は勤務先によって様々ですが、勤務時間などは比較的平準化されており、ワークライフバランスの取りやすい職種といえるでしょう。

医師求人関連の記事