求人の見つけ方を工夫する事で希望する仕事をつかみ取ろう、積極的に自分からアクションを起こそう

採用する人の事を考えた就職活動

自分が就職活動を行う立場の人は、つい自分の立場を主観として考えてしまう事が多いと思います。しかし、時には視点をかえて、採用する人の立場に立って考えて就職活動してみるというのはどうでしょうか。

どの様な人材を採用したいかという事を意識すると、就職活動をどの様に行えばいいかというヒントが見えてくるかもしれませんね。就職活動では、会社と応募者の希望がマッチするという事が大事になってきます。

就職活動をどの様に進めると、内定をもらう事ができるのかという事において、会社側のニーズを知るという事は重要と言えるかもしれませんね。頑張るというのはもちろんですが、時には工夫をする事も重要かもしれません。

就活の筆記試験対策は問題集が有効

新卒採用の就職活動では中途採用の試験と違い、面接のほかに様々な試験が行われる企業が多くなっております。大企業の場合に、試験のステップが多いことが多く、初期のころには一般教養の筆記試験が行われることもあります。

また、試験の途中段階で、協調性を試験するためにグループディスカッションなども行われることがあります。SPI試験や一般教養試験などは、本屋さんで就活対策用の問題集を購入して、事前に準備しておくことで対応していくことができるでしょう。おすすめの本としては、解説が詳しく書いてあるような本がわかりやすくてよいでしょう。

就職活動では会社情報の記載情報をチェック

就職活動をするうえで給与、休日等は確かに重要な事項です。但し、長く続けていく為にはそれ以上に大事なことがあります。それは、離職率、福利厚生です。言い換えれば、平均勤続年数といってもいいかもしれません。

どれくらい居心地の良い会社であるかが記載情報より読み取れるような本がおすすめの本です。就活をしているとどうしても一流企業に目が行きがちで身近で優良な中小企業を見逃しがちです。基本的なことですが、平均残業時間なんてものはあてになりません。

就職活動をするうえでの本選びは信頼の置ける出版社を選択し、会社は初任給や休日よりも社員規模、平均年齢、男女比率等を見て自分に合うであろう会社選びが重要です。

人生の転機である就活中に読むとおすすめの本

就職活動は人生の中でも大きな転機になるものです。とんとん拍子に内定が決まれば良いですが、選ばれる人がいる以上、落とされる人もいるのが就活です。

そんな心のバランスを保ちにくい特別な時期に読むと良いおすすめの本が紹介されているところもあります。新聞に載っているコラムなども参考になりますので、一度読んでみてはいかがでしょうか。

読むだけでなく書くことも就職活動に良い影響を与えます。心のバランスをとるために人生観、仕事観、恋愛観などさまざまな角度から文章を書くという行為を通じて、自分の考えをまとめることができます。

就職活動中だけではなく、社会人として仕事をするようになってからでも遅くないでしょう。

就活でグループディスカッション対策が有効

就職活動では大企業などになると、面接だけではなく、採用試験としてグループディスカッションなどが行われることがあるので、事前に準備しておくことが必要になるでしょう。

経験することが一番の学習にはなりますが、初めてグループディスカッションをするという人は、就活本などで対策の情報を集めていくことが有効になります。

対策本としておすすめの本は就職活動をした経験が豊富な先輩などから情報をもらうこともよいでしょう。

就活を成功させるには事前に準備をしっかりとすることが有効であり、本命企業の試験の前に他の企業の採用試験で練習するのもよいでしょう。

グループ面接のある就職活動

時には就職活動の一環として個人面接だけではなく、グループ面接が行われる事もあるみたいです。

就職活動におけるグループ面接は、コミュニケーション能力などがチェックされる事が多い様です。就職活動として行われる事が多いグループ面接の流れや、内容について先輩から意見を聞いたり、もしくは情報を集めておいた方がいいかもしれません。就職活動のグループ面接については、ハードルが高いと感じる人もいるみたいです。

グループ面接に向けて、模擬のグループ面接などがあれば、ぜひ参加しておくと、感覚を掴む事くらいはできるのではないでしょうか。なかなか難しいかもしれませんが、可能な範囲で就職活動の対策をしておくとよいでしょう。

内定を目指して就職活動

ぜひ就職活動を行うのであれば、内定をいただく事を目標に頑張りたいものです。就職活動では、いくらかの企業に応募する事もあり、また内定を複数の企業からいただく事もあるかと思います。その場合には、選ぶ事ができるかと思います。

また、内定を辞退する場合にも、しっかりとその旨を伝えるのも就職活動として大事な事だと思います。ですので、内定をいただいた事に対するお礼なども踏まえて明確に伝えるようにしましょう。内定を得る事ができ、入社の手続きができれば、ようやく就職活動が終了する事になります。

就職活動は、1社目で内定が決まるという事もあるかもしれませんが、数社程度は応募するという事が多いみたいです。諦めないで頑張りたいですね。

就職活動における場慣れ

学生が就職活動を行う時には、慣れない事が多く、分からない事が出てきて戸惑ったり、もしくは緊張したりする事もあるかと思います。しかし、だんだん就職活動の経験を重ねる事で、少しずついろんな事が分かって来るかと思います。また、場慣れする事によって緊張もあまりしないで、ベストが尽くせる事も多くなるのではないでしょうか。

就職活動については、不安を抱えている人も多いかと思いますが、希望通りの会社に就職するためにも、就職活動に力を入れたいですね。就職活動は場慣れをする事によって、どうしたら改善できるのかという事が経験から把握できる事もあるかもしれませんね。少しでもいい内容になる様に工夫したいですね。

企業の情報収集をしたい就職活動

就職活動と言えば、自分を最大限にアピールする事だと思っている人もいるかもしれません。もちろんそれも大事な事でしょう。しかし、就職活動においては企業の情報収集を行う事も大切な事ではないかと思います。

就職活動と言っても、ネットがあるので今では情報収集という点においては、非常に容易に行える様になりました。就職活動として企業の事をしっかりと把握しておく事で、面接の際などにも、あらかじめインプットしておいた知識を活用できる場面もあるのではないかと思います。

就職活動では、企業のwebサイトにはぜひ目を通したいですね。業務の内容はもちろんですが、企業に関する事などいろんな事が分かるでしょう。

ネーミングに関係なく行う就職活動

時として就職活動においては、大企業に入社できるという事がいい事だと思われる事も多いかもしれません。しかし、就職活動ではあえて会社のネーミングばかりを重視するのではなく、自分の希望によって企業を選択するのもいいかと思います。

就職活動では、何を重視するのかという事は人によって異なります。

周囲に流されるばかりではなくて、やはり自分がどの様な道に進みたいのかという事を明確にする事は、就職活動では大事であると思われます。

将来の自分について考えてみるなど、就職活動では進路について向き合ってみるのもいいかと思います。できれば自分の希望に沿った会社に就職する事ができればいいですね。

就職活動の記事